(元)野良猫2000年から家族に。現在21歳の愛猫コーナー始めます。

こんにちは、SAKURA🌸🍃(@sakura_blog01)です。

このコーナーでは、2000年生まれ、2020年で20歳になった愛猫に関することを色々、書いていきたいと思います。

目次

猫の平均寿命を大きく超えました。

(元)野良猫だった愛猫。オス。

2000年の夏頃、連れて帰ってきた時、手のひらに収まるか収まらないかぐらいの大きさで、推定、生後2ヶ月ぐらい。

なので人間で言うと、現在96歳~97歳といったところでしょうか。

猫の寿命は、15~16年と言われている中、やんちゃ時代もありましたが、お利口さんに大した迷惑もかけず、ずっと一緒に過ごしてきてくれた愛猫。

本当に、奇跡としか思えないぐらい小さい時から手のかからない子です。

こんなに長生きしてくれた事に、日々、感謝しながら今を大切に過ごしています。

愛猫には、一日でも長く長生きして欲しい

世界共通、ペットを愛する飼い主さんの永遠のテーマですよね。

私も、13年を過ぎた辺りからでしょうか。

毎日、幸せだけど、どう変わっていくのか、いつまで一緒にいられるのか不安もある、そんな生活でした。

今後、このコーナーに書いていくことが、そんな誰かの不安を少しでも和らげれたら、お役に立てることがあったら嬉しいです。

また、愛猫との出会いにも触れたいと思います。

22年、23年、生きているご長寿猫は数多く存在する

私の周りで、猫を飼っている人の中には、ご長寿猫を飼っている方もいらっしゃいます。

数匹、飼ってて全て20歳超えだったという人も。

なので、悲観的にならず、希望を持って自分の大切な愛猫が、一日でも長く幸せに健康に過ごせるよう共に前向きにいきましょう。

愛猫プロフィール

(2020年10月現在)

食事や、最近の生活、状態なども併せて紹介したいと思います。

名前:みゅう (オス)
由来:連れて帰ってきた時、「みゅー」「みゅー」とよく鳴いていたから。

飼育状況:完全室内飼い、単独飼育。

性格:温厚、優しい、大人しくて人見知り、猫なのに人に気を使う所がある。

ご飯、おやつ

ドライフードだけでは、あまり食べなくなってきたのでパウチタイプのご飯とドライフード(カリカリ)を混ぜて一日に2回。
(小さい時から総合栄養食)

おやつはクセになって、ご飯を食べなくなったら困るので滅多にあげていない。

秋になって、よく食べるようになってきたので最近、少し重くなった気がする。

人間の食べるものの中には好物もあるけど、塩分が多く体に悪いので基本的には魚やかつお節などを味見程度。

最近の生活

前はとても甘えん坊だったけど、最近は気付いたら、そっと静かに近くにいることが多い。

(見守ってくれてるかのよう)

夜中過ぎか朝方ぐらいから夜鳴きがひどくて、ごはんもらうときだけ元気。

健康状態

通院、投薬なし。

3ヶ月ほど前に1度だけ、爪切りとノミ投薬。

そこの病院は、先生が優しそうだったので、かかりつけ予定。

軽く健康状態をチェックしてくれて異常はないとのこと。

体調など最近の気になるところ

ノドを触ると後ろ足で掻くような仕草をする。

後ろ足辺りを触ると空中をペロペロ舐める仕草をする時がある。


足の力が弱くなったのか、毛づくろいが下手になって何度か転んだ

でも、まだ少しは走れる。

目の色、目やに、便、耳などに異常は見られない。

変化・以前と変わったところ

ノドをゴロゴロ鳴らさなくなった。

爪を触っても嫌がらなかったり、寝所に運ぶ時も暴れもせず、好きなだけ触っても怒りもせず、何だか全体的に一層、大人しくなった印象。

最後に

今回はこの辺にします。

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

ではまた。
SAKURA🌸🍃

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる