猫を飼い始めたらやること。病院、勝気な猫を病院に連れていく方法、ペット保険

こんにちは、SAKURA🌸🍃です。

猫を飼い始めたらやることとして、今回は、かかりつけの病院を決める、勝気な猫ちゃんを病院に連れていく方法、ペット保険について書きたいと思います。

うちの子、気が強いから
病院なんて大丈夫かな…

そういった悩みをお持ちの方、初めて猫を飼う方は参考にしてくださいね。

目次

かかりつけの動物病院を決めるメリット

かかりつけの病院を決めるメリットは、病気だけではなく幅広いサポートにあります。

特に、初めて猫を飼う方の場合、毎日の食事のカロリー計算などによる体重管理や、猫がかかりやすい病気爪切りや歯みがきなどの日頃のケア猫に与えないほうがよい食べ物誤飲しやすいものなど分からないことが多いと思います。

そういった悩みも、かかりつけの病院を決めておけば迷ったときに相談もしやすいですし、目やにや耳ダニ、実は持病があった、など普段の生活では見逃しがちな病気にも早く気づき対処することができます。

また、病院側も早いうちから診ているほうが突然、単発で診るよりも普段どんな生活をしているのか、どんな食事を与えているのか、どんな性格なのか、健康における傾向も分かっているので早い判断、対処ができます。

猫を飼い始めたら、ワクチン接種、去勢(避妊)手術、ノミやダニ予防、爪切りなど病気以外でも行くときがあると思うので、ささいなことでも気軽に相談できる、かかりつけの病院を早めに決めておきましょう。

どんな動物病院を選んだらいいの?

どんな病院を選んだらいいかは、まずは家から近いところがあげられます。

薬だけもらいに行ったり、入院したり通院になった時のこと、緊急時のことを考えると家から近いことは重要です。

次に、診察が親切丁寧で説明も詳しく話してくれる、質問したことにも誠意をもって丁寧に答えてくれるなどは良い病院といえます。

猫や犬を飼っている先生がいる病院なら、なおさら飼い方、性質や食事のこと、気をつけたほうが良いことなどを相談したときに的確なアドバイスを詳しく教えてくれるので頼もしい存在になると思います。

どんな病院をかかりつけにしたら良いかまとめ

  • 家から近いところ
  • 親切丁寧、誠意がある
  • 猫や犬を飼っていて、飼い方、性質や性格など詳しい知識がある

病院へ連れていく目安

明らかに体調が悪ければ、病院へ連れていくかたがほとんどだと思います。

なので、明らかな体調が悪いとき以外で病院へ連れていく目安、症状の一例をご紹介します。

猫を迎えたとき

猫を飼い始めたら、特に初めて猫を飼うかたは健康診断がてら1度、猫ちゃんの健康状態を病院で診てもらうと良いでしょう。

体重測定、触診、ノミなどの寄生虫、耳の汚れ、目ヤニ、爪が伸びていれば爪切りなどのケアなど

初めて猫を飼うかたは、食事の種類や量、あげる回数なども相談してみましょう。

猫ちゃんの種類によって、平均体重にも違いがあるので聞いてみると安心ですね。

多頭飼いになったとき

猫にもエイズがあることをご存知でしょうか。

猫エイズ(猫後天性免疫不全症候群)は、猫から人には感染しませんが、猫同士では咬傷で感染する可能性があります。

猫エイズの感染について

  • 人から猫、猫から人、猫から他の動物への感染はありません。
  • 空気感染、接触感染もしないとされています。
  • あくまで、猫エイズは猫同士のみでの感染で、親がエイズでも生まれた子猫に感染していない場合もあります。

猫エイズは、ウィルスを持つ猫すべてが発症するという訳ではなく、最期まで発症しない場合もあります

ですが、もし発症した場合は、貧血、下痢、口内炎、食欲不振、腫瘍などの症状がでて、進行すると非常に致死率が高くなってしまいます。

猫エイズの感染ルートは、猫同士による咬傷が原因なので猫エイズを防ぐ1番の予防は室内での単体飼いです。

そのため、もし多頭飼いになった場合は念のため猫エイズの検査を受けておきましょう。

外にでてケガをして帰ってきたとき

もし、猫が外にでてケガをして帰ってきたときには、小さなケガであっても上記に書いた猫エイズに限らず病院で診察を受けましょう。

感染直後は、検査で陰性になる可能性があるため1度目、間隔をあけて2度目、合計2回は、診察を受けておくと安心です。

しこり(できもの)を見つけたとき

もし、普段の生活で体の一部にしこりのようなものを発見した場合は、放置や自己判断はせず早めに診察を受けましょう。

しこりには、良性のもの、悪性のものがありますが悪性の場合、進行する前に早期発見・治療が重要なカギとなります。

何となく痩せてきたとき

猫の食欲が落ちてきたかな、ちょっと痩せてきたかな…?と思ったときも診察を受けましょう。

抱っこしたときに、軽くなった気がする、というのもありますが確実なのは、自分の体重を測ったあと、猫を抱っこして再度測る方法です。

太り過ぎも問題ですが、猫の体重減少も様々な病気が隠れている場合があります。

見た目はとても元気そうでも体重減少には、腎不全、糖尿病、甲状腺機能亢進症、がんなど大きな病気が潜んでいる可能性があります。

まだまだありますが、下記の記事もあわせてご覧くださいね。

気が強い猫を病院に連れていく方法

子猫のときから人に接していて、人馴れしている猫なら病院に連れて行っても、さほど暴れなかったりするのですが、人馴れしていなくて気位の高い猫の場合、触られるだけで興奮して暴れることがありますよね。

そんなときは、病気になって駆け込む前に、爪切りや耳の掃除などでもいいので普段から連れていける(受け入れてくれる)病院を探しておきましょう。

まずは、電話で連れて行っても診てもらえるのかどうか確認、またその際には年齢と性別、猫の種類、できれば体重も伝えておきましょう。

病院に連れていくときは、飛び出したり暴れるのを防ぐため洗濯ネットにいれてからキャリーにいれます。

キャリーの中には、猫が落ち着く可能性があるので普段使っている暖かな毛布かバスタオルを引いておきましょう。

もし、病院の中で預かることになった場合、普段、使っている毛布やバスタオルがあれば寒さもしのげますし、少しは猫ちゃんも安心するかと思います。

ペット保険について

人であれば、医療費は3割負担だったり高額療養費制度などがありますが、ペットの場合は飼い主の10割負担が通常です。

猫や犬を飼い、病院へ連れていくとなると、診察料(初診料)以外にも、検査費用や薬代など状況に応じて様々な費用がかかります。

病院により費用は変わると思いますが診察料(初診料)が500円~1000円程度、そこから血液検査やレントゲン、薬代となると軽く1万円を超えることもあります。

また手術、入院、通院、薬剤治療などをするとなると更に継続的に重い負担がかかることになります。

また、高齢になると保険自体に加入できなくなるので、猫を飼い始めたら、なるべく早いうちにペット保険には加入しておいたほうが良いでしょう。

ペット保険を選ぶ際には、動物病院で扱っている保険を選ぶことを忘れないようにしましょう。

\一括資料請求/

最後に

今回は、病院とペット保険について書いてきました。

猫も人と同じで見た目は健康そうに見えても大きな病気を患っている可能性もあります。

愛猫のために近所に普段からささいなことでも相談できる動物病院をひとつは見つけておきましょう。

それではまた。

SAKURA🌸🍃

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる