猫が喜ぶオススメのおやつ/手作りおやつ

こんにちは、SAKURA🌸🍃です。

我が家の愛猫は、もともと、おやつを好んで食べる方ではなかったのですが、今回は、そんな愛猫もお気に入りのおやつをご紹介したいと思います。

どんなときに何をあげたらいいのか分からないかたは参考にしてくださいね。

子猫のときは、肥満の原因にもなりますし普段の食事から栄養を摂っているので、おやつは与えなくても大丈夫です。

目次

猫のおやつには味付けのないものを

猫にとって、人が食べるような甘さや塩味のものは体に良くありません。

とはいえ、たまには何かあげたくなりますよね。

味つけをしていないマグロ、レバー、白身魚、豚肉、ささみを湯通ししたもの、煮干しやかつお節など、食事に差し支えない程度なら、たまに与えても問題ないでしょう。

ただし、手作りするときは、猫が食べてはいけないものを与えないように注意してくださいね。

また、ちくわや練り物、シーチキンが好きな猫ちゃんも多いと思うのですが、猫にとっては塩分が多いので健康のことを考えると、できれば与えないほうがいいですよ。

猫のおやつは、どんなときに与える?

あくまでも、おやつはメインの食事ではないので、我が家では時々、気分転換に与えています。

人でも、おやつ食べたくなりますよね。

朝ごはんと晩ごはんの中間にあげたり、時間の間隔をあけて、口が寂しくなってきた頃を見計らってあげています。

お家によっては、出かける前や帰ってきたときに与えているかたもいらっしゃるかも知れませんね。

猫のおやつの選び方

一番は、猫が喜んで食べてくれることですよね。

ただ、普段からあんまりお水を飲まない猫の場合は、乾燥したタイプより液体に近いもののほうがいいかも知れません。

また、薬をなかなか飲んでくれないときも、おやつと一緒なら食いついてくれるので重宝します。

猫用おやつ ちゅ〜る

愛猫は、ちゅーるをあげるようになってから目で合図してくるようになりました。

サーモン、マグロ、ロブスター、黒毛和牛など、いろんな種類があるので飽きずに飛びついてきます。

もはや、おやつとは言えないラインナップですね。

我が家では、催促はされますがご飯の食いが落ちたら困るので数日に一度、与えています。

原材料

【まぐろ】マグロ、シラス、ホタテ貝柱、マグロエキス、タンパク加水分解物、糖類(オリゴ糖等)、コラーゲンペプチド、植物性油脂、増粘剤(加工デン粉)、ミネラル類、増粘多糖類、調味料(アミノ酸等)、ビタミンE、紅麹色素、緑茶エキス 【かつお】カツオ、カツオ節、ホタテ貝柱、カツオ節エキス、糖類(オリゴ糖等)、コラーゲンペプチド、植物性油脂、増粘剤(加工デン粉)、ミネラル類、増粘多糖類、調味料(アミノ酸等)、ビタミンE、紅麹色素、緑茶エキス 【ささみ】鶏肉(ササミ)、カツオ節、ホタテ貝柱、ホタテエキス、糖類(オリゴ糖等)、コラーゲンペプチド、植物性油脂、増粘剤(加工デン粉)、ミネラル類、増粘多糖類、調味料(アミノ酸等)、ビタミンE、紅麹色素、緑茶エキス

猫のおやつ おすすめ3選

他にも素敵なおやつがたくさんありますが、一部、ご紹介しますね。

シーバの猫用おやつも、ちゅーると同じく人気ですね。

国産で、増粘剤、着色料、グルテン、甘味料、調味料など添加物不使用のおやつです。

こちらは、北海道産、無添加、ねこ好きな方々がていねいに手作りで作ったおやつです。

おためしで好きな中から4種類、選ぶことができるので、たくさん種類があって、どれを選んだらいいか分からないという方にもオススメです。

最後に

猫におやつをあげている時間も至福の時間ですよね。

時々、猫も他のものを食べて気分転換できるよう、おやつ選びも楽しんでくださいね。

それではまた。

SAKURA🌸🍃

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる